2015-05-01から1ヶ月間の記事一覧

歴史研究について

このエントリでは、法解釈論研究の一手法としての*1歴史研究について触れてみたいと思います。 解釈学者が行う歴史研究は、多くの場合、現代の・日本の解釈論上の問題を解決するために、過去の議論にその手がかりを求めようとする作業です。 私自身も、極め…

研究対象の変遷について(その2)

既にくりかえし記したように、私は、あれこれと浅く広く原稿を書いてきました。 前任校の環境も、このようなスタイルへと私を規定し、また、このようなスタイルを支えてくれました。 南大沢に所在する東京都立大学/首都大学東京の法学部/法学系は、もともと*…